庄内 鶴岡 だだちゃ豆 250g×4袋

価格: ¥2,160 (税込)
数量:

返品についての詳細はこちら


ゆで上がりの甘さ、コク、香りは絶品。日本一美味しいと言われている枝豆。山形県鶴岡市の特産の枝豆で、独特の香りと深みのある甘さは一度食べると、その味が忘れられないと言われています。庄内藩・酒井の殿様が枝豆好きで毎日枝豆を食べ、そのおいしさに「今日はどこのだだちゃ(庄内弁でお父さん)の豆か?」ということから「だだちゃ豆」と名前が付いたそうな。一子相伝で受け継がれた豆です。生産量もごくわずかなため、なかなか手に入りにくい豆なんです。毎年、種子を選抜し続けないと味が落ちてしまう大変手間のかかる貴重な品種です。ちょっと前のビールのCMで、中山美穂さんがおいしそうに食べていたのが印象的でしたね!

創業以来30余年、山形自慢のフルーツや食品、工芸品をプロの目で厳選した商品をお届けし、全国の皆様からたくさんのご信頼をいただいております当館から、やまがたの自慢の逸品、庄内鶴岡のだだちゃまめをお手元へお届けいたします。
時期によりだだちゃ豆の品種が早生種、中生種、晩生種と異なります。また、画像はJA鶴岡の「殿様のだだちゃまめ」ですが当館では出荷状況等により、JA鶴岡、白山だだちゃまめ出荷組合等の商品を取り扱っておりますので、パッケージ等も商品画像と異なる場合がありますので予めご了承下さい。

ぜったいおいしいだだちゃ豆の食べ方♪
【1】 だだちゃ豆をボールに入れ、少量の水でこすり洗い、毛を落とします。
【2】 だだちゃ豆をザルに入れ、水を切ります。
【3】 鍋に水と少々の塩を入れ沸騰させます。(500gの豆に対し2ℓ)
【4】 水が沸騰したら、だだちゃ豆を入れて、鍋蓋をし、2分半から3分茹でます。
【5】 ザルにあけて、水をきり、うちわ等で粗熱を取ってください。(さっと水を通し粗熱を取っても良いです)これを行うと色鮮やかに風味良く仕上がります。
【6】 少々の塩をふりかけ(お好みの量で)てお召し上がりください。
保存する場合は、茹でてから冷蔵庫に入れて保存する事をおすすめしますが、出来れば風味のあるうちにお早めにお召し上がりください。なお、冷凍保存も可能ですので多い時には冷凍庫で!

冷蔵便 保証期間は、到着日限りです。 取り扱いは8月下旬までです。 だだちゃ豆の本場鶴岡産をお届けいたします。

こんな商品も売れてます!

だだちゃ豆せんべい  1箱32枚

¥1,100(税込)

数量:

だだちゃ豆(冷凍)250g 要冷凍

¥648(税込)

数量:

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

店長日記

ご来店誠にありがとうございます。店長の渡辺です。
山形ならではの美味しいフルーツや食品・お酒・民工芸品などの特産品や名産品、限定品などのお土産等を販売しております。どなたにも使いやすいサイトを心がけ、お客様に喜ばれるネットショップを目指しております。どうぞお買い物をお楽しみください。
店長日記はこちら >>

QR

ページトップへ