ぐっと山形について



「ぐっと山形」とは?

今年で開店32周年を迎える山形県観光物産会館は、2016年4月27日、愛称を「ぐっと山形」として新たに生まれ変わりました。「ぐっと」は「Good」、「ぐっと近くに」、お客様と山形が「ぐっと身近」であるようにとの願いを込めて名付けました。

こんなお店になりました!

店内の全面的な改装に伴い、各売店スペースや通路が大きく拡張され、更にゆったりとした時間の中で商品をお選びいただけるようになりました。店内の隅々まで明るさが届くように照明を配置し、商品の探しやすさにも十分に気を配りました。そしてよりスムーズにお探しの商品が見つけられるように見通しの良いディスプレイになりました。

より便利に より楽しく

正面入口から右手奥にある売り場には県内の代表的な老舗菓子舗が名を連ねる「山形100年老舗の街」、更にそのとなりに売り場を拡充した「山形銘酒館」、そして品揃えを更に充実させた「食品売り場」、また新設された「東北土産」コーナーでは山形初となる「東北名産品」もたくさん取り揃えてあります。お客様がお探しの商品はすべてここに揃っていると言っても言い過ぎではないかもしれません。

「フードコーナー」を新設

次に目を引くのは正面左手にある広々とした「フードコート」。県内有名ショップによる飲食コーナーには6店舗がお店を構え、そば、ラーメン、ステーキ、スイーツなどをお召し上がりいただけます。お買い物のお客様だけでなく、多くの方々がくつろげるスペースとしてオープン後からご好評をいただいております。店内の扉を開ければ、晴れた日には遠くに月山などの山々が見渡せる開放的で広々としたテラスも設けました。

イベントスペースとして

入り口中央のイベント広場では、県内の自治体や団体、企業や個人などが催し物を開けるスペースを設けました。今後は各地の名物の「ふるまい鍋」などの企画も行ってまいります。

バリアフリーデザイン

このリニューアルで特に力を注いだのが「バリアフリーデザイン」です。体の不自由な方のためにトイレを大幅に改善しました。車いす用に段差を出来るだけ解消しサービス介助士を配置しました。また、乳児連れのお母様のために授乳室も2室設置し、あらゆる状況でもお客様が安心してご利用いただけるよう設計しました。

これからの「ぐっと山形」

山形県を代表する観光ターミナルとしてより一層努力してまいります。全てのお客様にご満足いただけるよう社員一同、誠心誠意おもてなしさせていただきますので、これからも変わらぬご愛顧をよろしくお願い申し上げます。
より素晴らしい商品を取り揃え、楽しいイベントをたくさんご用意して皆様のお越しをお待ちしております。リニューアルされより快適になった店内で楽しいお買い物を存分にお楽しみください。

※各コーナーの詳細画像につきましては「館内マップ」をご覧ください。

トップへ戻る