店長日記

ほし柿のむかしばなし

 むかし、昔、出羽の国、蔵王の山のふもとの関根という村に川口九右衛門という大きな庄屋さんがあったそうな。
 柿も真っ赤になって熟柿となるころ、空を見上げていた庄屋さん「そろそろ雪が降ってくる季節になったなあ」1羽の烏が木に止まって赤いものをうまそうに食べてその種を下に落とした。それを見ていた庄屋さんはその種を拾ってこれは何の種だろうと大事に取って置いたそうな。
 雪が消えて春になり種を植えたら柿の木が生えてきた。「早く大きくなれ、早く大きくなれ」と願って「今年は実を付けない」、「今年もダメだった」と、ようやく8年目にきれいな紅色の実がなったので一口食べたら「うわー渋い!これは渋柿だ!こんな渋柿ならいらないなぁ」「いや待てよ。これを干したらうまい干し柿になるべか?」と考えたそうな。
 皮をむいて丁寧に小春日和の陽の中でゆっくりと干したら、なんと橙色のきれいなあまーい干し柿になったそうな。かみのやまのお城へ行って殿様に食べてもらわなければ…「殿様殿様、烏が落とした種を植えて干し柿を作ったら見たこともないほどきれいで甘くてうまい干し柿になったからどうか食ってみてください」と、「どーれ、烏が落とした柿とは面白そうだ」と言って殿様は一つ食べてみた。「ほう!これはうまい、赤くてきれいで、柔らかい、このうまさは格別じゃ、九右衛門あっぱれあっぱれ!」「喜んでもらえてよかったよかった」お城の家老が「九右衛門、この柿、殊の外うまいので紅柿と名付けるが良い」ということで紅柿になったらしい。
 それから300年、上山名物となった紅柿を使ったおいしい蔵王の紅ほし柿が今年もやっと出来ました。 12/8

 毎年紅ほし柿を待っているお客様がたくさんいらっしゃるので早く連絡しないと。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

店長日記

ご来店誠にありがとうございます。店長の渡辺です。
山形ならではの美味しいフルーツや食品・お酒・民工芸品などの特産品や名産品、限定品などのお土産等を販売しております。どなたにも使いやすいサイトを心がけ、お客様に喜ばれるネットショップを目指しております。どうぞお買い物をお楽しみください。
店長日記はこちら >>

QR

ページトップへ