店長日記

おいしいぶどうはどれ?

 東京から山形新幹線「つばさ」に乗って米沢、赤湯を過ぎると登りのきつい勾配となります。置賜盆地の盆の底から縁に上がろうとしている「つばさ」の窓からは山肌が白く輝く物体が見えてきます。それもたくさん。「何なんだろう?」と初めて山形に来た人は思うでしょう。ぶどうのビニールハウスなのです。
 今年の夏は猛暑続きで枝にぶら下がったまま干しブドウになっていたなんて言う画像もありました。9月になったら猛暑と水不足を経験したピオーネやシャインマスカットがことのほか甘くできたようです。ピオーネもシャインマスカットも粒はさくらんぼより遥かに大きく、甲乙つけがたいのですがフルーツショップのミエぼんと話していたらシャインマスカットがダントツで売れるとか、「ピオーネもぶどうの風味豊かで甘くおいしんだけど、皮をむく分、損してる。皮ごと食べられるシャインマスカットがいいんだ」って。
 「ぶどうは指でつまんで食べるからおいしいんじゃないか。だだちゃ豆だって指ではじかないで鞘から出した枝豆なんてビールのつまみにはホント味気ない。」私はピオーネどころか、黒いぶどうのキャンベルスという100年以上も前に日本に持ち込まれた昔ながらの、山形弁で「カメ」と言われたぶどうが好きで食べたい食べたいと思ってもブドウ産地山形でもなかなか手に入らないのです。
 価格はピオーネの10分の1程度なので、それこそ値の張るシャインマスカットやピオーネに植え替えられてしまった絶滅危惧種のようなぶどう。これの完熟したものなんかホントに美味しいんだけどなあ。秋はまだまだ始まったばかり、積極的に探してみよう―っと。  9/10

 シャインマスカットもピオーネも今からが旬!

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

店長日記

ご来店誠にありがとうございます。店長の渡辺です。
山形ならではの美味しいフルーツや食品・お酒・民工芸品などの特産品や名産品、限定品などのお土産等を販売しております。どなたにも使いやすいサイトを心がけ、お客様に喜ばれるネットショップを目指しております。どうぞお買い物をお楽しみください。
店長日記はこちら >>

QR

ページトップへ