店長日記

おとしや

 先日、鶴岡のスーパーに寄ったら「こめいり」なるものがありました。これは大黒様のお歳夜という行事があり二股に分かれた大根、豆、お神酒などと、豆ごはんや黒豆と大根のなます、豆腐の田楽に納豆汁という豆を使った料理とハタハタの田楽を大黒様にお供えするのが12月9日なのです。
 豆はまめで達者で暮らせるよう、たくさん実る豆のように子孫繁栄、ハタハタも卵をたくさん持っているので子孫繁栄を意味し、庄内では田の神、台所の神の大黒様に感謝する日なのです。
 歳夜と言うくらいなので大晦日ということですが、12月に入るといろんな神様のお歳夜があるようです。12月3日と5日は恵比須様の日で白いご飯と煮物、9日が大黒様、12日は山の神で餅、17日は観音様で鶴岡市の観音堂ではだるま市が開かれ、この時のお菓子、切山椒が売られます。一度食べたら、次の年また食べたくなり、これがないと年末が来ないような気がしてなりません。
 大黒様のお歳夜は子供にはポン菓子のような「こめいり」がなんといっても楽しみなもので、豆炒りだったのでしょうが、庄内は米どころ、田の神に感謝し、固くない子供でも美味しく食べられる「こめいり」となったのかもしれません。このような風習や「こめいり」は地元だけのもので、内陸地方の山形などは大黒様のお歳夜自体が知られていないのです。12/6

 鶴岡名物「からからせんべい」の宇佐美煎餅店の黒糖の大黒こめいり

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

店長日記

ご来店誠にありがとうございます。店長の渡辺です。
山形ならではの美味しいフルーツや食品・お酒・民工芸品などの特産品や名産品、限定品などのお土産等を販売しております。どなたにも使いやすいサイトを心がけ、お客様に喜ばれるネットショップを目指しております。どうぞお買い物をお楽しみください。
店長日記はこちら >>

QR

ページトップへ