店長日記

まま子の尻ぬぐい

 この季節、面白そうな野草があるわあるわ。先日「ヘクソカズラ」を取り上げたばかりなのに今度は「ママコノシリヌグイ」(漢字では継子の尻拭い)と名前だけ見れば立て続けに尾籠な話題と思われがちですが、こんな花の名前一度聞いたら忘れないでしょう。つぼみは1個3㎜程度10個程まとまっているのですが次々と清楚な花が咲きます。人や動物が触れれば密生した棘で絡みつき、花と見た目とは違う厄介で「とげそば」という別名を持つ「たで科」の蔓になる植物です。
 茎と葉裏の葉脈部分に細かい棘があって子供のころバッタを追いかけて草むらに入り、足に触れて血がにじむなんとこあったなあ。小さい棘もいくつか刺さってたっけ、赤チンぬったけど、風呂に入るときには痛かったなあという思い出が。こんなんでお尻を拭くなんてめちゃくちゃ恐ろしいショッキングな名前の植物だと思っていたのです。昔、トイレットペーパ代わりに葉っぱを使っていたけど継子にはこのとげのある植物を置いて使わせたなんて言うのが名前の由来らしい。名前どおりの行為なら虐待も甚だしいのですが、昔話や説話のようにおおらかな気風で比喩的表現で作られた名前だったのでしょう。しかし昨今の幼児虐待やネグレクトは大問題、言語道断、子供がかわいくないんだろうか・・・ 9/11


 花言葉は名前に反し「変わらぬ愛情」だそうな。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

店長日記

ご来店誠にありがとうございます。店長の渡辺です。
山形ならではの美味しいフルーツや食品・お酒・民工芸品などの特産品や名産品、限定品などのお土産等を販売しております。どなたにも使いやすいサイトを心がけ、お客様に喜ばれるネットショップを目指しております。どうぞお買い物をお楽しみください。
店長日記はこちら >>

QR

ページトップへ