店長日記

そば街道「板そば」

 村山市の「最上川三難所そば街道」や大石田町の「大石田そば街道」、尾花沢市の「尾花沢そば街道」という農村や山村に蕎麦屋が点在するエリアがあって観光の目玉の一つとなっています。このあたり信号機やコンビニはなかなか見つけにくいのですが蕎麦屋だけはそっち行ってもこっちに来てもすぐに見つけられるのです。これだけ蕎麦屋があっても昔から営業している所ばかりでつぶれる店がないということは順調に経営が成り立っているのでしょう。各店が競い合いサービスを拡充していて、県内外のお客様も○○そば、△△蕎麦なんてひいきの店があるので山形行ったらうまい蕎麦食べられると遠くからお越しになるのです。アクセスの良くなった東北中央道・山形自動車道を使い首都圏から日帰りでそばを食べに来られる方も多くなりました。
 このあたりでは、家庭のまな板ぐらいの大きさの薄い杉の箱状のものにそばがのってくる「板そば」というものが名物。それを蕎麦猪口のつゆにつけて食べるのですが、そばつゆに辛みのある大根の汁を入れて食べたりする店もあってなかなか楽しめますよ。さらにそばが出てくる前に多くの店で漬物が出てきます。それも「かつ丼」に付き物の黄色い「沢庵漬」が2切れというものではなく、今のシーズンなら茄子を塩漬けし、そのあとに水につけて色を抜き、味を調え漬け返す「ぺそら漬」なる塩味のちょっぴり辛い紫蘇や茗荷の香りのする漬物を、店のおばちゃんが「はいどうぞ!どこからござったのや」(どこからお越しになったのの丁寧な山形弁)と言いながら1人で食べられる?というほどの量の漬物が出てきます。これをつまみながら茹で立てのそばを待つのです。 
 今はそばの花が満開で白い絨毯のようになっていますのでぜひ見に来てください。大石田町の入浴施設「あったまりランド深堀」から北側の最上川堤のそば畑は圧巻ですよ。 9/15

 村山市富並のそば畑、山裾まで真っ白!11月の新そばがめっちゃ楽しみ!

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

店長日記

ご来店誠にありがとうございます。店長の渡辺です。
山形ならではの美味しいフルーツや食品・お酒・民工芸品などの特産品や名産品、限定品などのお土産等を販売しております。どなたにも使いやすいサイトを心がけ、お客様に喜ばれるネットショップを目指しております。どうぞお買い物をお楽しみください。
店長日記はこちら >>

QR

ページトップへ