店長日記

栃の実大福

 栃の実というと栃の実せんべいや、栃の実まんじゅうなどが山奥の温泉地の名物。栃と言うくらいなので栃木県が有名と思われますが全国各地に栃の木、実はあるのではないでしょうか。絶対これはみんなが旨い!!というだろう一番うまい!栃餅は山形県鶴岡市の旧朝日村の栃餅と思うのです。
 旧朝日村は、これまた新潟県村上市の旧朝日村と県境を挟んで隣接している山の恵みがふんだんにある地域。その村の行沢(なめざわ)地区に地名のとおり「行沢栃の実会」というお母さんたちのグループがあって、そこの栃餅の大福が美味!!
 生の栃の実にガブリ!これはもう大変、滅茶苦茶なアクの強さで口の中はシビレ、まあ2時間ほど苦しむような目に合うこととなりますが、その栃の実を流水にさらし蒸したりまた水に浸けたりを繰り返し3カ月ほどかかって食用となるのです。「サルも熊も食わねぇのー」と地元の人が言うほどですが、これがどうして仄かな山の香りを抱く優しい味となるのか。そしてあんこも手造りのまさに絶品。この栃餅を買いたいと思ったら旧朝日村の「産直あさひ・グー」でいつも買えますが売り切れにご注意。残念ながら当館では取り扱っておりませんのであしからず。消費期限は2~3日。 10/4

 秋を演出するため当館の売場にディスプレイされた栃の実。

 先人が植えた樹齢400年程の栃の木の実が大福になるそうな。伝統の味だ! 

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

店長日記

ご来店誠にありがとうございます。店長の渡辺です。
山形ならではの美味しいフルーツや食品・お酒・民工芸品などの特産品や名産品、限定品などのお土産等を販売しております。どなたにも使いやすいサイトを心がけ、お客様に喜ばれるネットショップを目指しております。どうぞお買い物をお楽しみください。
店長日記はこちら >>

QR

ページトップへ