マキリ 木ケース付両刃

価格: ¥6,500 (税込)
数量:

返品についての詳細はこちら

山形伝統の打刃物。山形は打刃物の5大産地なのです。刀匠鍛冶の伝統を受け継ぐ山形の打刃物は、今から約650年程前、(西暦約1350年頃)に最上氏の始祖である斯波兼頼が山形に入部した折、召抱えの鍛冶氏たちをつれて来たのがはじまりといわれます。各城主の厚い保護をうけ、武器や農具などを生産、明治以降は、主に鎌や鍬、鋏などの小農具を製造し、現在、山形打刃物工業組合の組織のもと、伝統の技と新しい技術を生かして高品質の刃物を生産、用と美を兼ね備えた打刃物として高い評価を得ています。

マキリはフィッシングで魚を捌く時などに使用しますが、小さくて便利なためアウトドアでの利用が多いようです。本来「マキリ」は「間切」と書きます。これは間切包丁のこと。ちなみによく「魔斬」と表示されますが、これは山形産の日本酒の名前。木ケース付で携帯にも便利、片刃のものだけを当HPで扱っていたのですが「両刃もほしい」というご意見をたくさんいただきましたのでこの両刃を追加しました。また、水に浮くマキリをという声もたくさんあるのですがこのサイズでも直径7.5cmが必要で山形では製造しておりません。従来からの4寸五分の刃渡り、代々受け継がれた山形打刃物工業組合員の使いやすい形が人気の秘密です。

  約13cm(両刃)

全長 約26cm

重さ 約120g(ケースは含みません)

※当商品は水には浮きません。

※片刃も当HPで取り扱っています。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

店長日記

ご来店誠にありがとうございます。店長の渡辺です。
山形ならではの美味しいフルーツや食品・お酒・民工芸品などの特産品や名産品、限定品などのお土産等を販売しております。どなたにも使いやすいサイトを心がけ、お客様に喜ばれるネットショップを目指しております。どうぞお買い物をお楽しみください。
店長日記はこちら >>

QR

ページトップへ